ツアー専門:092-271-0044宿泊専用:0120-489-222

九州・山口の観光スポットが満載

バスツアー専門旅行社「第一観光」ならではのプランが満載

バスツアー

第一観光TOP > お遍路の旅 > [17年秋発] 第二回 伊予の国 四国八十八ヶ所一ヶ国参り<バス遍路・新幹線利用>

B032


[17年秋発] 第二回 伊予の国 四国八十八ヶ所一ヶ国参り<バス遍路・新幹線利用>



旅行代金 79,800〜95,000 出発地 福岡発 旅行日数 4
回数 第2回 寺数 計23ヶ寺 札所 44〜66番
料金説明

[博多・小倉発]@79,800円 / [熊本発]@86,500円 / [鹿児島発]@95,000円
※朝3、昼4、夕3付
※宿泊は基本男女別相部屋利用
※[2名様個室利用]@12,000円増(3泊分) / [1名様個室利用]@24,000円増(3泊分)
※タクシー代、ロープウェイ料金含む
※子供(小学生):大人と同料金
※幼児(3歳〜未就学):@20,000円(座席あり、食事なし)

旅行代金 79,800〜95,000
出発地 福岡発
旅行日数 4
回数 第2回
寺数 計23ヶ寺
札所 44〜66番

料金説明

[博多・小倉発]@79,800円 / [熊本発]@86,500円 / [鹿児島発]@95,000円
※朝3、昼4、夕3付
※宿泊は基本男女別相部屋利用
※[2名様個室利用]@12,000円増(3泊分) / [1名様個室利用]@24,000円増(3泊分)
※タクシー代、ロープウェイ料金含む
※子供(小学生):大人と同料金
※幼児(3歳〜未就学):@20,000円(座席あり、食事なし)

イメージフォト

45番札所岩屋寺。巨岩の中腹に埋め込まれるように堂宇がたたずむ典型的な山岳霊場です。今回の旅一番の難所としても皆様の記憶に残る事でしょう。

51番札所石手寺。境内ほとんどの堂塔が国宝、国の重要文化財に指定されている壮観さです。寺名の由来は衛門三郎再来の説話によるとされます。

T/Cよりひとこと

以前に比べるとお参りしやすくなった四国八十八ヶ所ですが、岩屋寺だけは「階段と坂道」を自分の足で登らないとお参りができません。お四国の中で一番の難所と言われる所以です。私達添乗員もお客様の納経帳を担いで一緒に登ります。正直を言うとしんどいですが、登る道中にすれ違うお遍路さんがかけてくれる挨拶や、ねぎらいの言葉が本当に力になって、登りきると清々しい気持ちで一杯になりますよ。

  • 45番札所岩屋寺。巨岩の中腹に埋め込まれるように堂宇がたたずむ典型的な山岳霊場です。今回の旅一番の難所としても皆様の記憶に残る事でしょう。
  • 51番札所石手寺。境内ほとんどの堂塔が国宝、国の重要文化財に指定されている壮観さです。寺名の由来は衛門三郎再来の説話によるとされます。

  • 以前に比べるとお参りしやすくなった四国八十八ヶ所ですが、岩屋寺だけは「階段と坂道」を自分の足で登らないとお参りができません。お四国の中で一番の難所と言われる所以です。私達添乗員もお客様の納経帳を担いで一緒に登ります。正直を言うとしんどいですが、登る道中にすれ違うお遍路さんがかけてくれる挨拶や、ねぎらいの言葉が本当に力になって、登りきると清々しい気持ちで一杯になりますよ。
  • 45番札所岩屋寺。巨岩の中腹に埋め込まれるように堂宇がたたずむ典型的な山岳霊場です。今回の旅一番の難所としても皆様の記憶に残る事でしょう。
  • 51番札所石手寺。境内ほとんどの堂塔が国宝、国の重要文化財に指定されている壮観さです。寺名の由来は衛門三郎再来の説話によるとされます。

T/Cよりひとこと


以前に比べるとお参りしやすくなった四国八十八ヶ所ですが、岩屋寺だけは「階段と坂道」を自分の足で登らないとお参りができません。お四国の中で一番の難所と言われる所以です。私達添乗員もお客様の納経帳を担いで一緒に登ります。正直を言うとしんどいですが、登る道中にすれ違うお遍路さんがかけてくれる挨拶や、ねぎらいの言葉が本当に力になって、登りきると清々しい気持ちで一杯になりますよ。

ツアーのポイント

【11月出発】第二回の今回は「伊予の国」一ヶ国をお参りします。今回の札打ちの中で、最も印象に残るのは45番札所岩屋寺でしょう。八十八ヵ所の寺院の中で唯一、お寺の境内まで車などで上がれないお寺です。ここだけは266段の石段を一歩一歩踏みしめながらお参り。後に旅を振り返ったとき、多くの方がこの時の苦労と達成感を語られます。
宿泊は道後温泉にと今治湯ノ浦温泉のお宿です。名湯に浸って旅の疲れも癒していただけます。

設定日カレンダー

前月
2017年11月
次月
     
1 
  
  
2 
  
  
3 
  
  
4 
  
  
5 
  
  
6 
  
  
7 
  
  
8 
  
  
9 
  
  
10 
  
  
11 
  
  
12 
  
  
13 
  
  
14 
  
  
15 
  
  
16 
  
  
17 
  
  
18 
  
  
19 
  
  
20 
  
  
21 
  
  
22 
  
  
23 
  
  
24 
  
  
25 
  
  
26 
 受付中 
 
予約する
 
27 
  
  
28 
  
  
29 
  
  
30 
  
  
   
【催行状況】
★催行見込 ツアーの催行(出発)が確定又はほぼ確定しています。
(その後の予約状況により変わる場合があります)

※お問合せ WEB受付終了。お電話にてお問合せ下さい。
【募集状況】
満 席
現在満席ですが、キャンセル待ち受付可能です。お電話にてお問合せ下さい。
残席わずか
残席わずかです。お急ぎ下さい!
受付中
ご予約可能です。どしどしお申込み下さい!
※カレンダーの受付状況は、 前日または数日前の情報となります事をご了承ください。※「受付中」と表示であっても、空席状況により、キャンセル待ちとなる場合があります。

催行状況・予約状況
★催行見込 ツアーの催行(出発)が確定又はほぼ確定しています。
(その後の予約状況により変わる場合があります)

※お問合せ WEB受付終了。お電話にてお問合せ下さい。
満 席
現在満席ですが、キャンセル待ち受付可能です。お電話にてお問合せ下さい。
残席わずか
残席わずかです。お急ぎ下さい!
受付中
ご予約可能です。どしどしお申込み下さい!
※カレンダーの受付状況は、 前日または数日前の情報となります事をご了承ください。※「受付中」と表示であっても、空席状況により、キャンセル待ちとなる場合があります。

ツアー日程

[1日目]
博多駅(9:30〜10:30)===新幹線===小倉駅(9:50〜10:50)===新幹線===広島駅(10:30〜11:30)---しまなみ海道---54:延命寺---55:南光坊---56:泰山寺---57:栄福寺---58:仙遊寺---今治市内<泊>


今治国際ホテル TEL:0898-36-1111 (和室又は洋室)
又は同等クラス


[2日目]
ホテル---59:国分寺---65:三角寺(境内までタクシー利用)---66:雲辺寺(境内までロープウェイ利用)---64:前神寺---63:吉祥寺---62:宝寿寺---61:香園寺---松山市内<泊>


奥道後壱湯の守 TEL:089-977-1111 (和室又は洋室)
又は同等クラス


[3日目]
ホテル---44:大宝寺---45:岩屋寺---46:浄瑠璃寺---47:八坂寺---48:西林寺---49:浄土寺---52:太山寺---53:円明寺---松山市内<泊>


奥道後壱湯の守 TEL:089-977-1111 (和室又は洋室)
又は同等クラス


[4日目]
ホテル---51:石手寺---50:繁多寺---60:横峰寺(境内までマイクロバス利用)---しまなみ海道---広島駅(16:00〜17:00頃)===新幹線===小倉駅(16:40〜17:40頃)===新幹線===博多駅(17:00〜18:00頃)


備考

※当ツアーにはバスガイドは同行いたしません。
※添乗員同行。
※最少催行人員は25名様です。人員が満たない場合は出発中止となります。
※宿泊先のお部屋割りは、基本的に男女別の相部屋利用となります。
※2名様1室利用はお1人様12,000円追加(3泊分)、1名様1室利用はお1人様24,000円の追加(3泊分)で承ります。ご希望の方はお電話にてお申し付け下さい。なお、部屋数に限りがあるため、状況によりお受けできない場合があります。
[利用予定バス会社]イワミツアーバス又は同等クラス


注意事項

巡拝用品◆
・現地にてお買い求め頂けます。
[料金参考]
・納経帳…1,900円〜3,500円程度、3〜4種類あります。
・掛け軸…15,000円〜35,000円程度、4〜5種類あります。
・白衣…2,000円前後、袖付き・袖なしがあります。

◆ご朱印料◆
・ツアー代金には「ご朱印料」は含まれておりません。ご朱印希望の場合、1ヶ寺あたり納経帳300円・白衣200円・掛け軸500円が必要です。
・ご朱印は、添乗員が代行いたします。

◆その他ご持参いただくもの◆
・線香…1ヶ寺につき最低6本。
・ロウソク…1ヶ寺につき2本。
・数珠…ご家庭にあるもので構いません。
・筆記用具…納札に願い事を書く際に必要ですのでご持参下さい。
・小銭…ご朱印料金とお賽銭用に小銭をご準備下さい。

※巡拝時の荷物は、両手が使えるようにショルダータイプのバッグがあると便利です。
※動きやすい服装・はきなれた靴でご参加下さい。


このページの先頭へ

PAGE TOP

※サイト内の写真・イラストは全てイメージです

Copyright© 2017 Daiichikanko K.K. All Rights Reserved.