ツアー専門:092-271-0044宿泊専用:0120-489-222

九州・山口の観光スポットが満載

バスツアー専門旅行社「第一観光」ならではのプランが満載

バスツアー

第一観光TOP > お遍路の旅 > [19秋出発] 第二回 熊野古道中辺路ルート<歩き巡礼・フェリー利用>

B502


[19秋出発] 第二回 熊野古道中辺路ルート<歩き巡礼・フェリー利用>



旅行代金 18,200〜24,000 出発地 福岡発 旅行日数 3
回数 第2回 寺数 計-ヶ寺 札所 -
料金説明

[小倉・新門司発]@18,200円 / [博多・久留米発]@20,700円 / [熊本・長崎・佐賀発]@24,000円
※昼1(お弁当)付
※往復フェリー2等乗船代含む
※子供(小学生):大人と同料金

旅行代金 18,200〜24,000
出発地 福岡発
旅行日数 3
回数 第2回
寺数 計-ヶ寺
札所 -

料金説明

[小倉・新門司発]@18,200円 / [博多・久留米発]@20,700円 / [熊本・長崎・佐賀発]@24,000円
※昼1(お弁当)付
※往復フェリー2等乗船代含む
※子供(小学生):大人と同料金

イメージフォト

逢坂峠の東側のふもとにある「大坂本王子跡」。石造の笠塔婆が見られます。逢坂峠は古くは大坂といわれ、為房喞の参詣記では、深夜大坂の草庵で猿の鳴き声を聞いたとあります。

山中の要地にひっそりと佇む「大門王子」。大きな鳥居があったと見られ、今も新社殿の奥には大門王子の碑と並んで、鎌倉時代のものとされる石造の笠塔婆があります。

T/Cよりひとこと

第一回のいわゆる"お試しコース"約3.5kmでは「歩き足りない!」というお客様にもいらっしゃったかと思いますが、今回はそんな方にもご満足いただける約8km、高低差350mの古道歩きです。中辺路には500mごとに番号道標があり、これを目印として歩くことことができます。気候も過ごしやすくなり、歩行ルートもますます魅力を増してくる季節。巡礼語り部さんのお話に耳を傾けながら、だんだんと秋色に染まっていく熊野をぜひご堪能ください。

  • 逢坂峠の東側のふもとにある「大坂本王子跡」。石造の笠塔婆が見られます。逢坂峠は古くは大坂といわれ、為房喞の参詣記では、深夜大坂の草庵で猿の鳴き声を聞いたとあります。
  • 山中の要地にひっそりと佇む「大門王子」。大きな鳥居があったと見られ、今も新社殿の奥には大門王子の碑と並んで、鎌倉時代のものとされる石造の笠塔婆があります。

  • 第一回のいわゆる"お試しコース"約3.5kmでは「歩き足りない!」というお客様にもいらっしゃったかと思いますが、今回はそんな方にもご満足いただける約8km、高低差350mの古道歩きです。中辺路には500mごとに番号道標があり、これを目印として歩くことことができます。気候も過ごしやすくなり、歩行ルートもますます魅力を増してくる季節。巡礼語り部さんのお話に耳を傾けながら、だんだんと秋色に染まっていく熊野をぜひご堪能ください。
  • 逢坂峠の東側のふもとにある「大坂本王子跡」。石造の笠塔婆が見られます。逢坂峠は古くは大坂といわれ、為房喞の参詣記では、深夜大坂の草庵で猿の鳴き声を聞いたとあります。
  • 山中の要地にひっそりと佇む「大門王子」。大きな鳥居があったと見られ、今も新社殿の奥には大門王子の碑と並んで、鎌倉時代のものとされる石造の笠塔婆があります。

T/Cよりひとこと


第一回のいわゆる"お試しコース"約3.5kmでは「歩き足りない!」というお客様にもいらっしゃったかと思いますが、今回はそんな方にもご満足いただける約8km、高低差350mの古道歩きです。中辺路には500mごとに番号道標があり、これを目印として歩くことことができます。気候も過ごしやすくなり、歩行ルートもますます魅力を増してくる季節。巡礼語り部さんのお話に耳を傾けながら、だんだんと秋色に染まっていく熊野をぜひご堪能ください。

ツアーのポイント

【10月出発】世界遺産の参詣道「熊野古道」。平安時代の貴族達の参詣にはじまり、やがては"蟻の熊野詣"と呼ばれるまでに庶民へと浸透していった巡礼の道です。
いよいよ本格的な歩きとなる二回目、今回は高原熊野神社から道の駅熊の古道までの約8kmを4時間かけて歩行します。静寂と幽玄な空気に包まれた熊野古道が、この時期はうっすらと紅く色づき始め、一層その見応えを増す頃です。巡礼語り部の案内を聞きながら熊野古道の歴史にふれる事で、コースの持つ魅力がより深まります。

設定日カレンダー

前月
2019年10月
次月
   
1 
  
  
2 
  
  
3 
  
  
4 
  
  
5 
  
  
6 
  
  
7 
  
  
8 
  
  
9 
  
  
10 
  
  
11 
  
  
12 
  
  
13 
  
  
14 
  
  
15 
  
  
16 
  
  
17 
  
  
18 
※お問合せ
  
  
19 
  
  
20 
  
  
21 
★催行見込
 残席わずか 
 
予約する
 
22 
  
  
23 
  
  
24 
  
  
25 
  
  
26 
  
  
27 
  
  
28 
  
  
29 
★催行見込
 残席わずか 
 
予約する
 
30 
  
  
31 
  
  
   
【催行状況】
★催行見込 ツアーの催行(出発)が確定又はほぼ確定しています。
(その後の予約状況により変わる場合があります)

※お問合せ WEB受付終了。お電話にてお問合せ下さい。
【募集状況】
満 席
現在満席ですが、キャンセル待ち受付可能です。お電話にてお問合せ下さい。
残席わずか
残席わずかです。お急ぎ下さい!
受付中
ご予約可能です。どしどしお申込み下さい!
※カレンダーの受付状況は、 前日または数日前の情報となります事をご了承ください。※「受付中」と表示であっても、空席状況により、キャンセル待ちとなる場合があります。

催行状況・予約状況
★催行見込 ツアーの催行(出発)が確定又はほぼ確定しています。
(その後の予約状況により変わる場合があります)

※お問合せ WEB受付終了。お電話にてお問合せ下さい。
満 席
現在満席ですが、キャンセル待ち受付可能です。お電話にてお問合せ下さい。
残席わずか
残席わずかです。お急ぎ下さい!
受付中
ご予約可能です。どしどしお申込み下さい!
※カレンダーの受付状況は、 前日または数日前の情報となります事をご了承ください。※「受付中」と表示であっても、空席状況により、キャンセル待ちとなる場合があります。

ツアー日程

[1日目]
各地(11:05〜13:40)/博多駅(14:40)/小倉駅(16:10)---新門司港(17:30)〜〜〜阪九フェリー2等〜〜〜<船中泊>


[2日目]
〜〜〜泉大津港(6:00)---熊野古道ウォーク(高原熊野神社・・・大門王子・・・十丈王子・・・上多和茶屋跡・・・大坂本王子・・・道の駅熊野古道)---泉大津港(17:30)〜〜〜阪九フェリー2等〜〜〜<船中泊>


[3日目]
〜〜〜新門司港(6:00)---小倉駅(6:50頃)/博多駅(8:10頃)/各地(8:50〜11:15頃)


[長崎・佐賀発着 10/7,21]
長崎駅(11:05)-諫早駅(11:35)-大村IC(12:00)-川登SA(12:30)-佐賀駅(13:20)-金立SA(13:40)---上記行程---金立(8:50頃)-佐賀(9:10頃)-川登(9:50頃)-大村(10:20頃)-諫早(10:45頃)-長崎(11:15頃)


[熊本・久留米発着 10/18,29]
熊本駅(11:50)-市民会館前(12:00)-植木きくかわ(12:25)-玉名PA(12:40)-西鉄久留米(13:40)---上記行程---久留米(8:50頃)-玉名(9:40頃)-植木(9:55頃)-市民会館(10:15頃)-熊本(10:25頃)


備考

※当ツアーにはバスガイドは同行いたしません。
※添乗員同行。
※最少催行人員は25名様(各地送迎ルートは18名様)です。人員が満たない場合は出発中止となります。
[利用予定バス会社]大川バス又は同等クラス


注意事項

◆阪九フェリー◆
・往復とも2等大部屋利用、男女別相部屋となります。
・船室の等級変更も可能です(追加料金要)。詳しくはお問合せ下さい。
・船内は自由食。レストラン・大浴場があります。

◆ご準備いただくもの◆
・ウォーキングコースですので、動きやすい服装でご参加下さい。肌が出ない服装が望ましいです。
・靴は登山靴やトレッキングシューズ推奨です。
・リュックサック、雨具(レインコート)、軍手、水筒、帽子をご準備下さい。
・ストックもご準備頂くと便利です。

このお遍路を見ている方におすすめのお遍路

[19秋出発] 第三回 熊野古道中辺路ルート<歩き巡礼・フェリー利用>

熊野古道の魅力の一つは何と言っても"豊かな自然"です。この時期の山々は紅葉によって美しくお化粧をされ、その絶景に目を奪われながらのウォーキングとなりそうです。静…


B503 札所:- 18,200〜24,000円

[19秋出発] 第四回 熊野古道中辺路ルート<歩き巡礼・フェリー利用>

参詣道の要地で上皇や貴族も宿泊した湯川王子をはじめ、コース上にいくつかの王子が点在し、また、いくつかの峠と急峻な道がある当ルート。過去の水害被害を受けた地区(小…


B504 札所:- 18,200〜24,000円


このページの先頭へ

PAGE TOP

※サイト内の写真・イラストは全てイメージです

Copyright© 2019 Daiichikanko K.K. All Rights Reserved.